REJAニュースTopへ

日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)が提供するニュースサイト

東北太平洋沿岸に500kmの鎮魂の丘造り構想―防災機能を備えた観光資源に

  【2011-03-31:伊能肇】「千年に1度の大津波」が証明されるかもしれない。東北関東大地震を引き金に発生した大津波は、869年の貞観地震(じょうがん、平安時代=794〜1192年の貞観11年に発生)での巨大地震・巨大津波と類似しているという。インターネットの「産経ニュース」3月28日版に掲載された記事「『研究成果を生かせなかった…』貞観地震の研究者」で、産業技術総合研究所の宍倉正展さんが平成16年から着手した「貞観地震の研究」で、869年に東北地方を襲った巨大地震・巨大津波の実態を解明、「いつ、再来してもおかしくない」と警鐘を鳴らしていた矢先に、今回の東北関東大地震と大津波が起こった。
続きを読む >>

2050年を視野に入れた震災復興プランを!―地方の小都市に立ちはだかる人口の波

 【2011-03-31:REJA会員07】震災後の大胆な復興計画として、いつも引き合いに出されるのが、関東大震災(1923年)の翌日、内務大臣だった後藤新平が描いた基本方針だ。「復興のための独立機関をつくる」「国費を思い切って投入する」「焼け跡になった土地は国が買い上げる」など、国家予算の2倍にも達する大胆かつ斬新なプランだったため、反対論が続出した。それでも防災に配慮した道路や公園など、震災後は現代に通じるような復興策が実現した。計画を阻んだのは、土地やモノの所有権など、庶民の私権をどう制限するかだった。今回もまた、津波で流された家屋、自動車や船舶の処理が迅速な復興に立ちはだかっている。 
続きを読む >>

「触れてはならない問題」にどう決着を付けるのか?―大震災が日本に突きつけたもの

 【2011-03-31:千葉利宏】世の中には「触れてはならない問題」がいろいろと存在している。それらタブーを作っているのは、権力者(政治家、官僚、大企業)とメディアだ。日本の原発では、チェルノブイリやスリーマイルのような重大な事故は「あり得ないこと」とされてきた。その「あり得ないこと」が今、目の前で起きている。改めて調べると、決して「あり得ないこと」ではなく、以前から様々な疑問や懸念が指摘されていた。ただ単に目を瞑っていただけなのだ。思い返せば、そのような問題にこれまで何度も遭遇してきた。核兵器の持ち込み疑惑しかり、大相撲の八百長疑惑しかり…。経済分野を取材していても、原発ほどではないにしろ「触れてはならない問題」は少なからず存在する。目を瞑ってきた問題に決着をつけるべき時期が来ているのではないか。 
続きを読む >>

歴史を変えた江戸の大地震―東日本大地震と原発事故で日本はどう変容していくのか

   【2011-3-30:宮地忠継】今回の大地震の際、筆者は中野の事務所で仕事をしていた。突然ゆらゆらと感じたので、「まずい、高血圧かな!」と思った。しかし余りに長く続くので地震と気が付き、本箱が崩れないようにと押えた。一段落したところで通りに飛び出してみると、隣などの事務所の人々が出ていた。「仙台が震源だそうだ」と言う話を聞き、これだけ離れていてこれだけの揺れなのだから、大変なことだと驚いた。直後に宅建協会で会議があったので出かけると、ほとんどの委員が来ていた。会議中に何度も強い揺れが来たが、とにかく会議を完了し解散した。
続きを読む >>

あり得ないことが起きたのか?―福島第一原発の被爆事故

 【2011-03-26:千葉利宏】福島第一原発でおそれていた事態が発生しました。現場作業員3人が3月24日に被曝事故を起こし、病院に搬送されたのです。東北地方太平洋沖地震のあと、30年前に福島第一原発で働いた経験のある方から、現場作業員の被曝事故を心配するメールが届いていました。30年前と今では状況が改善されていると期待したのですが、必ずしもそうではなかったようです。この30年、「一切他言できなかった」というHALシステム設計の安中眞介社長の手記を紹介します。

続きを読む >>

そのとき、どこで、何をしていたかで大震災の受け止め方は千差万別:あらためて知るマンション危機管理対策の難しさ〜防災懇親会方式の提案から生まれた反応が教えてくれること〜

 【2011-03-25:村井忠夫】2011年3月11日午後2時46分、どこで何をしていたかで大震災の認識は微妙に異なる。ましてマンションなら・・・

 2011年3月11日・金曜日の午後。マンション11階の自宅で、翌日の「かながわ県央ネット」主催マンション管理セミナーの下調べをしていた。テーマは《管理組合の年度替わり》。テーマに即した資料や新しい情報をそろえ終わると、もう3時が近かった。

 ・・・と思ったころ、強烈な震動がきた。部屋全体が揺れてギシギシと音が鳴り、何かにつかまらずにはいられなかった・・・

 気がつくと、近くにあった花瓶が倒れて横倒しになり、パソコンがもろに水をかぶっていた。あわてて、水をふいた。室内の散乱を片付けて少し落ち着きパソコンにスイッチを入れると、いつもと同じように起動した。やれやれ、よかった!古いパソコンが駄目になり買い換えてからまだ半年足らずだったから、一息ついた。・・・が、違っていた!キーボードがまったくアウトになっていた。
続きを読む >>

自分たちの持ち場でそれぞれの支援

  【2011-03-19:山本久美子この度の東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。ともに、被災された方々には謹んでお見舞いを申し上げます。

 未曽有の災害に対する支援の輪が広がっている。住む場所を失った被災者の住宅支援のために、すでに住宅生産団体連合会を中心とした応急仮設住宅の建設が始まっている。全国賃貸住宅経営協会では、オーナーの承諾済み空室情報のデータを提供している。不動産流通関係4団体の不動産情報を公開する不動産ジャパン(不動産流通近代化センター運営)では、被災者向けの民間賃貸住宅の情報を順次更新している。

続きを読む >>

復興で問われる人口減少・高齢化時代の土地利用

   【2011-03-19:REJA会員07】町全体が津波に飲み込まれて消えてしまう。テレビから繰り返されるホラー映画のように場面にショックを受けた人も多いだろう。地震の歴史の研究者らによると、津波が数キロ先の奥地まで侵入する地震の規模は、9世紀以来とされる。それなら1000年に一度の災害といってよい。その瞬間から頭にこびりついているのは、堤防や港湾、道路などのインフラが壊され、海面下に陥没したエリアの再生をどうするかだ。
続きを読む >>

言論NPO、阪神淡路大震災のボランティアまとめ役の早瀬昇氏のインタビューを掲載

  【2011-03-18:千葉利宏】REJA会員の工藤泰志氏が代表を務める言論NPOが、阪神淡路大震災の時にボランティアのまとめ役を務めた大阪ボランティア協会常務理事の早瀬昇氏のインタビュー映像「被災地のため、僕らは何をするべきか」を下記のブログに掲載しました。東北地方太平洋沖地震の被害を目の当たりにして、被災された方のために何かをしたいと思っている方は多いと思いますが、一般市民としてどのようなボランティア活動ができるのか、大変に参考になるお話が紹介されています。ぜひ、ご覧ください。
http://www.genron-npo.net/society/topics/post-55.html

「計画停電」を知ろう!

  【2011-03-18:古川節弥】今回の東北・関東の巨大地震で、東京電力福島第1原発に被害が出た影響で、首都圏では耳慣れない「計画停電」が実施されました。とっさに理解できた人は皆無に近いと思います。第1グループから第5グループに分けて、時間を切って停電を実施するものですが、当初の混乱は自分の住む地域がどのグループに属するのか把握できなかった事です。
続きを読む >>




お問い合わせメールフォーム