REJAニュースTopへ

日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)が提供するニュースサイト

【田中順一郎氏追悼】偉大なる兄貴分を失った思い

 【2010-02-14:住宅問題評論家・加藤憲一郎】三井不動産とは、1960年末(昭和43〜44年)ごろからお付き合いが深まったが、田中順一郎さんと知り合ったのは、その後、1982年か83年。現在も続いている同社主催の記者懇談会の席上で、共通の知人が居ることをきっかけに話が弾んだ。当時、田中さんは常務取締役であった。
続きを読む >>

【田中順一郎氏追悼】偉大なる業績を尊ぶ

 【2010-02-09:(株)グローバル経済研究所代表取締役・高木利通】私は取材などを通じて田中さんから多くを学びました。それは、新しいビジネスに対して、燃える“情熱”と“チャレンジ精神”を推し進めていることです。
続きを読む >>

【田中順一郎氏追悼】不動産証券化の土台を築いた歴史に残る人物

 【2010-02-05:週刊住宅新聞社新聞局長・松本英雄】不動産業界を代表する大物だった三井不動産の元社長・田中順一郎氏の訃報を聞き驚きを隠せなかった。ここ一年近くお会いしていなかっただけに気がかりではあったが…。
続きを読む >>

【田中順一郎氏追悼】自動車運転が得意だった田中さん

 【2010-02-04:山下靖典】三井不動産前会長、前社長の田中順一郎氏が新年早々に亡くなられた。山下は建設省クラブ担当以降折に触れて、お会いしお話をお聞きしたが、大変明るい方という印象がある。不動産業界のリーダーのお一人としての取材対象とは別に、山下にはもう一つの接点的なものがあった。山下の大学のゼミの指導教授、人見康子先生(故人)と田中氏とは慶応大学で同期であったことである。
続きを読む >>

【田中順一郎氏追悼】実力と人望の“あったか経営者”田中さんを偲んで

 【2010-02-03:日本不動産ジャーナリスト会議幹事・大越武(元日刊工業新聞論説委員、元大京取締役)】30年間も通い合っている同じ痛風のクリニックで、1年前、「大越さん、お元気ですか」と、声をかけられたのが最後になってしまった。最近は、不動産協会の新年会や総会にも顔を出していなかったので、案じてはいたのだが、その時は足も引きずっておらず、いつもの温厚な笑顔と、張りのある声だったので、すっかり元気になられたと安心していたのに…。
続きを読む >>

【田中順一郎氏追悼】貧して鈍して、鈍して窮す。窮すれば通ず。――田中さん、見事な経営者でありました。

 【2010-02-02:住宅・不動産ジャーナリスト・伊能肇】田中順一郎常任相談役は、三井不動産のトップ経営者の中で、在任期間中、最も激しい“天国”と“地獄”の事業環境に晒され、そうした環境に“慢心すること”も“めげること”も“臆すること”もなく次世代にバトンタッチした見事な経営者でした。
続きを読む >>

【田中順一郎氏追悼】田中智子様(順一郎さんのご令室)

【2010-02-01:日本不動産ジャーナリスト会議代表幹事・阿部和義(元朝日新聞編集委員)】ご主人様のご逝去に接してびっくりしました。体調が悪く入院していることはうすうす聞いていましたが、こんなに早くお亡くなりになるとは…。
 本当に田中さんにはお世話になりました。田中さんが社長に就任する記事を日経の長田君(現専務取締役)と競争して同時に出したことが最初のお近づきでした。その後、不動産協会の松本さんと小林さん(当時は月刊不動産流通の編集長)と蓼科でゴルフをする約束で行ったところ、松本さんが都合が悪くなって、奥さんと4人でゴルフをしました。当時は田中さんは80台で回って上手だったですね。
続きを読む >>

太陽光発電の買取制度が11月からスタート―現行制度のままでCO2削減25%に対応できるのか?(下)

次世代エネルギー・社会システム協議会 【2009-11-26:千葉利宏】「低炭素社会の実現に向けて住宅への太陽光発電システムの普及を進めると同時に、電力を効率的に使用するためにスマートグリッド(次世代電力網)の導入が必要だ」―10月22日に開催された「ゆとりある豊かな住生活を実現する国民推進会議」第2回全国大会で、会長の奥田碩氏(日本経団連名誉会長)はそう挨拶した。それから1か月も経ず、オバマ米大統領が初来日した11月13日に、経済産業省内にわが国のスマートグリッド戦略を検討するための「次世代エネルギー・社会システム協議会」=写真=が設置された。太陽光発電など新エネルギーの利用拡大には不可欠と言われながらも、日本ではなぜか置き去りにされてきたスマートグリッドへの取り組みがようやく本格的にスタートする。
続きを読む >>

太陽光発電の買取制度が11月からスタート―現行制度のままでCO2削減25%に対応できるのか?(中)

 【2009-11-12:千葉利宏】太陽光発電の余剰電力を従来の2倍の価格で買い取る新制度が始る直前になって、同制度の見直しに関する動きが慌しくなった。直嶋正行経済産業大臣が10月27日に制度見直しのプロジェクトチームの設置を決め、31日には菅直人副総理が2010年度から全量買取方式の導入を表明するものの、11月2日に経産大臣が否定。いずれにしても民主党がマニフェストに盛り込んだ全量買取方式の導入で、太陽光発電システムの普及を一段と加速させる方向であるのは間違いなさそうだ。筆者も全量買取方式の導入には賛成だが、単に普及促進だけが理由ではない。改めて全量買取方式のメリット、デメリットを考えてみる。
続きを読む >>

太陽光発電の買取制度が11月からスタート―現行制度のままでCO2削減25%に対応できるのか?(上)

 【2009-10-28:千葉利宏】太陽光発電の固定価格買取制度が11月1日からスタートする。経済産業省はホームページなどで「“今こそ”太陽光発電」と積極的なPR作戦を展開するが、もともとは麻生政権時代に2020年のCO2排出量削減目標8%(90年比)の段階で決められた制度である。民主党はマニフェストに買取制度の大幅見直しを盛り込み、直嶋経済産業大臣も27日に来年3月までに制度見直しを実施するためのプロジェクトチーム設置を表明した。鳩山政権がCO2削減25%削減の目標を打ち出すなか、現行制度がスタートする前に、その狙いや消費者のメリットなどを改めて検証しておく必要があるだろう。
続きを読む >>




お問い合わせメールフォーム