REJAニュースTopへ

日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)が提供するニュースサイト

<< 中国「四川大地震」4年後の復興まちづくりを見て――強い政府の強力な復興支援・観光遺跡として再生 | 日本不動産ジャーナリスト会議 | 地域マネジメント学会がシンポジウム「人口減少時代の地域づくり」を開催 >>

マンションのコミュニティ問題でシンポジウム――10月19日に日本マンション学会など4団体が開催

 【2013-10-10:川上堪永】マンションにコミュニティは必要か?どうすべきか?をテーマに、10月19日(土)に千葉県浦安市の明海大学でマンションコミュニティシンポジウムが開かれる。日本マンション学会(会長・小林秀樹氏)が主催、NPO法人全国マンション管理組合連合会(会長・山本育三氏)、一般社団法人マンション管理業協会(理事長・山根弘美ダイワサービス会長)、日本マンション管理士会連合会(会長・親泊哲氏)が共催する。

 今回のシンジウムを開くきっかけは、2012年1月に国土交通省が設置したマンションの新たな管理ルールに関する検討会(座長・福井秀夫政策研究大学院大学教授)で、「マンション標準管理規約にあるコミュニティ形成に関する条項を削除すべきだ。マンション管理組合は資産維持の目的のためにある」と一部委員が主張したことに、マンション関連の各団体が一斉に反発したことから。昨年8月の第9回検討会を最後に中断、1年以上も再開されていない。中断した理由も明らかにされず、その一方で、一部委員によるWG(ワーキンググル−プ)会合が昨年8月から月2回、24回も開かれるなど異常事態が続いている。

 シンポでは、各団体の代表が「マンションにとってコミュニティが欠かせない」「コミュニティがうまく形成されないと管理組合の活動も円滑に動かない」など事例を交えて主張する。また、大規模マンション、超高層マンションの住民が管理組合と自治会の連携などの実践例を報告する。そのあと、小林秀樹会長ら各代表が、マンションのコミュニティについての課題、展望、提案などについてパネル討議を行う。

 最後にマンション標準管理規約においてコミュニティ条項は不可欠であることなどを盛り込んだ共同提言を採択する予定。シンポジウムの開催は下記の通り。

■開催日時:2013年10月19日(土)13時〜17時
■会場:明海大学浦安キャンパス 講義棟1階2102
     千葉県浦安市明海1丁目電話047-355-5111(京葉線新浦安駅徒歩10分)
■参加費:会員・賛助会員=無料、非会員=1000円

 参加申し込みはこちらから
<問い合わせ先>マンション学会事務局(03-6206-4668)まで。
 

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.realestate-jp.com/trackback/1406957
この記事に対するトラックバック




お問い合わせメールフォーム