REJAニュースTopへ

日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)が提供するニュースサイト

<< 日本企業の負の体質「飛ばし・丸投げ・先送り」をなくすには――オリンパスの損失隠し事件を見て | 日本不動産ジャーナリスト会議 | 小冊子「東日本大震災から1年を振り返って」をまとめました >>

福島・相馬の被災した孤児らを励ます講演会とコンサート―17日に東京・早稲田で開催

  【2011-12-14:川上湛永】東日本大震災で福島・相馬で救助活動中に津波にのまれ犠牲になった消防団員の11名の孤児、津波で親を亡くした51人の子らに、高校卒業まで毎月3万円の支援金を支給する条例をつくった立谷秀清・相馬市長の報告会と早稲田大学グリークラブの演奏会が開かれる。
 主催は、被災した相馬の子らを励ます会で、早大グリークラブも親戚が犠牲になったり、実家が津波で流された部員がいて全面協力する。

■開催概要■
日時:2011年12月17日(土)
(第1部)13:30〜14:30 立谷 秀清・相馬市長「相馬市の取組みと今後の課題」
(第2部)14:50〜15:50 早稲田大学グリークラブ演奏会
演目:男声合唱組曲「木が風に」、愛唱歌集から「見上げてごらん夜の星を」「はるかな友へ」など
会場:早稲田奉仕園スコットホール
    地下鉄東西線早稲田駅下車 5分
    新宿区西早稲田2−3−1 電話03-3205-5411
入場料:1,000円
主催:被災した相馬の子らを励ます会(尊徳会、仙台一高同窓会など)
協力:公益財団法人早稲田奉仕園
問合せ:(株)スキップス 03-5226-1002(担当・安積)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.realestate-jp.com/trackback/1406954
この記事に対するトラックバック




お問い合わせメールフォーム