REJAニュースTopへ

日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)が提供するニュースサイト

<< 【田中順一郎氏追悼】実力と人望の“あったか経営者”田中さんを偲んで | 日本不動産ジャーナリスト会議 | 【田中順一郎氏追悼】不動産証券化の土台を築いた歴史に残る人物 >>

【田中順一郎氏追悼】自動車運転が得意だった田中さん

 【2010-02-04:山下靖典】三井不動産前会長、前社長の田中順一郎氏が新年早々に亡くなられた。山下は建設省クラブ担当以降折に触れて、お会いしお話をお聞きしたが、大変明るい方という印象がある。不動産業界のリーダーのお一人としての取材対象とは別に、山下にはもう一つの接点的なものがあった。山下の大学のゼミの指導教授、人見康子先生(故人)と田中氏とは慶応大学で同期であったことである。
 人見教授は民法とりわけ家族法なかんずく離婚、結婚問題を専門にしておられた。但しご本人は生涯独身であった。その代わり趣味はドライブで、学生時代は大学の自動車部に属し、まだまだ自動車が「貴重品」の戦後まもなくのころ日吉のグラウンドで運転練習をしていたという。そして、その自動車部での「教え子」の一人が田中氏であったという。

 「私が田中さんに運転を教えたのよ」と言っておられた。元国土事務次官の宮繁護さんによれば「田中さんは自ら『自動車の運転が得意だー』とおっしゃっていた」そうである。人見教授は自動車運転以外にも、ダンス、お酒、煙草がお好きであった。お若い頃は、中々の美人であったともお聞きした。女子学生がまだまだ少ない時代のことゆえ、三田のキャンパスでは相当目立ったに違いない。が、今から10年くらい前、病気でお亡くなりになった。

 今や、お二人は、あの世のハイウエーをドライブしておられるのではあるまいかー。ハンドルを握っているのは人見教授、助手席におられるのは田中さんのような気がする。安全運転をお祈りするや切である。

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.realestate-jp.com/trackback/1318574
この記事に対するトラックバック




お問い合わせメールフォーム