REJAニュースTopへ

日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)が提供するニュースサイト

2009年、新年のご挨拶

 明けましておめでとうございます。

 昨年後半から、アメリカ発の金融危機が、世界を覆っています。

 日本の危機は、13年前の金融危機と違って、自動車はじめ輸出産業が深刻な打撃を受けたのが特徴的です。労働者派遣法の影響もあって、製造業を中心とした非正規労働者の解雇が相次ぎました。暮れから正月にかけ日比谷公園に開設した「年越し派遣村」に連日、500人もの職を失った人々が集まったことが、象徴的です。

 不動産業界も30社を超える中堅建設、マンションデベロッパーが倒産するなど、かつてない厳しい局面を迎えています。

 10月にニュースサイトを立ち上げてから、一挙に世界の情勢が変わりました。ことしも、激動は必至です。さまざまな角度から、この国の変化を追いかけていきたいと思っています。今年もよろしくお願いいたします。

日本不動産ジャーナリスト会議幹事・川上湛永

ごあいさつ―REJAニュース開設にあたって

メディアが毎日のように発信する膨大な不動産関連の情報―。どう読むか、専門家でも解けない事象もあります。

長年、不動産の取材、報道、論評に関わってきたREJAの会員が、不動産関連ニュースに正面から、裏から、斜めから、さまざまな角度から光を当てます。

そのニュース、仕掛け人はあの問題児だよ、あの事業、市民感覚からみて疑問だよね。税金の無駄遣いそのものさ―そんな切り口から、不動産ニュースを分析します。

会員の腕の見せ所、と張り切ってペンを取ります。

日本不動産ジャーナリスト会議幹事・川上湛永(REJAニュース担当) 




お問い合わせメールフォーム