REJAニュースTopへ

日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)が提供するニュースサイト

日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)の幹事だった加藤憲一郎さんが死去【2020-08-10:阿部和義】

 住宅業界のご意見番、加藤憲一郎さんは2020年2月26日に脳内出血で死去した。享年89歳。

 加藤さんは住宅問題評論家として不動産業界や住宅業界で取材し意見を述べ見識を披露してきた。宮崎県出身で東京大学文学部を卒業した後、主婦の友社に入ったあと退職し、住宅新報社に入った。出版局で「住宅画報」の編集長を務めた。その後、住宅問題の評論家として独立して活躍してきた。東急不動産の金指潔会長などとは親しく付き合ってきた。金指会長が東急ホームの社長をした時からの関係であり、東急不動産のパーティーなどでは挨拶の時に「お忙しい中で長老の加藤さんまで来ていただきありがたいことです。加藤さんも元気でこれからも活躍してくださいね」というほどであった。

 REJAでは長い間、幹事を務めていただいた。長老としての今までの経験を若いジャーナリストや業界の人の参考にしたいと82歳の加藤さんに講演をしてもらおうと企画した。2013年9月にプレスセンターで「住宅産業の形成と発展」を第一回として14年3月の第四回の「これからの住宅産業の方向」までのテーマで話してもらった。加藤さんも今まで書いた原稿や講演をまとめて要領よく話してくれた。加藤さんは「どれほど参考になったかわからないが、今までの勉強の成果を披露できたと思う」と話していた。

 この講演の後、加藤さんはREJAの会合に出てこられなくなった。奥さんの洋子さんが8年前の2012年4月に亡くなったこともあり心配していた。そうした中での突然の訃報にびっくりした。ご冥福を祈ります。天国で洋子さんと仲良く楽しんでください。

電子メール、ブログ、そしてWEB会議―新型コロナウイルスがREJA活動にもたらした変化(3)【2020-08-02:千葉利宏】

 新型コロナで日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)も新たなIT化の取り組みに迫られた。2004年度から私は幹事・事務局に就任してREJAのIT化に取り組んできたが、2020年度の定期総会をWEB会議システムを使って開催することになるとはコロナ前までは予想していなかった。普段は「日本でのIT化の取り組みは世界から大きく出遅れている」といった記事を書いていても、実際にIT化を進めようとすると様々な問題が生じる。

 2019年で設立30周年を迎えたREJAには70代、80代の会員も参加しており、ITが苦手な人もいる。そのため組織内でIT化を進めようという動機が働きにくく、IT化をけん引できるスキルを持った人材も限られる。「いまだに電話とファックスで仕事している」と言われてきた不動産・住宅業界と変わらない状況にあったわけだ。新型コロナはあらゆる組織で否応なしにIT化を進めざるを得ない状況を生み出している。

続きを読む >>

不動産・住宅業界のオンライン化が遅れた訳―新型コロナウイルスがREJA活動にもたらした変化(2)【2020-07-28:千葉利宏】

 日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)が2月26日開催予定の研修会を延期した週から、民間企業の記者会見やイベントも事実上ストップした。研修会延期を朝から検討していた2月25日の14時前には、優良ストック住宅推進協議会(スムストック)から2月28日に開催する予定の報告会「スムストックレポート2020」の開催中止の連絡が届いた。その後も一部を除き、会見や内覧会などのイベントは中止が相次いだ。

 民間企業の記者会見などもオンライン化へと舵を切っていくのだが、もともとIT化への取り組みが遅れていた不動産・住宅業界では対応に“もたついた”との印象は否めない。私のところに不動産・住宅業界から全ての記者会見などの案内が届いているわけではないが、不動産・住宅各社がメディア対応のオンライン化をどう進めてきたのかを振り返ってみる。

続きを読む >>

企業がコロナ対策に奔走した日の出来事―新型コロナウイルスがREJA活動にもたらした変化(1)【2020-07-26:千葉利宏】

 新型コロナウイルスの感染拡大は、2019年9月で設立30周年を迎えた日本不動産ジャーナリスト会議(REJA)の活動にも少なからぬ影響を及ぼしている。具体的には2月26日に東京・日比谷の日本記者クラブで開催する予定だった第189回研修会を延期。その後も、月1回ペースで行ってきた研修会を再開できず、例年6月に開催する定期総会をZoomを使ったWEB会議で行うことを決め、7月20日に実施した。コロナ禍が始まって半年が経過したところで、これまでの活動を振り返る。

 新型コロナが日本のメディアを賑わせるようになったのは1月23日の「中国・武漢閉鎖」からだろう。26日には中国からの邦人帰国支援が決定され、29日には第1便が帰国。30日に政府は新型コロナウイルス感染症対策本部を設置して本格的な対策に乗り出した。

 その後、2月5日には横浜港に入港したクルーズ船での集団感染が発覚し、15日には屋形船での集団感染も明らかになった。しかし、2月の段階では国内の経済活動は通常通りに行われており、2月26日に予定していた研修会も三菱地所の高野圭司執行役常務を講師に招いて開催するつもりだった。

続きを読む >>

地域マネジメント学会がシンポジウム「人口減少時代の地域づくり」を開催

 【2014-06-06:飯田 太郎】地域マネジメント学会(会長・野上修市/明治大学名誉教授)は、2014年度の総会シンポジウム「人口減少時代の地域づくり」を6月27日に東京・御茶ノ水の明治大学駿河台キャンパスで開催する。開催概要は下記の通り。

○開催日:平成26年6月27日(金)14時〜17時30分
○会 場:明治大学駿河台キャンパス
リバティタワー1156教室
    http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

○プログラム
第1部 14:00−15:00 講演:野上修市氏(地域マネジメント学会会長)
「学会の10年間の歩みと今後の展望」
第2部 15:05−17:30 パネルディスカッション
「人口減少時代の地域づくり」

○パネルディスカッション企画趣旨
 人口減少についての話題が、マスコミでも大きく取り上げられるようになりました。今春、国土交通省が発表した「新たな『国土のグランドデザイン』」でも、できるだけ早期に出生率を回復させるための政策を検討するとしています。
 今回のパネルディスカッションでは、子育て環境の充実など、人口減少時代の地域づくりについて様々な視点から意見を交わしていただきます。

○パネリスト
・酒巻哲朗氏(国土交通省 国土政策局 計画官)
・大沼健太郎氏(野村総合研究所社会システムコンサルティング部)
・松田妙子氏(NPOせたがや子育てネット代表)
・金子 憲氏(学会理事/首都大学東京准教授)
・大杉 麻美氏(学会理事/明海大学教授)

○参加費:1000円(会員・非会員を問いません)
学生は無料
○事前申し込みは必要ありません。





お問い合わせメールフォーム